メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・春・音楽祭2016

東京春祭マラソン・コンサートvol.6~ヴァリエーション…変容する音楽

昨年のマラソンコンサート=提供/東京・春・音楽祭実行委員会/撮影 堀田力丸

[PR]

 3月16日に開幕した「東京・春・音楽祭」。ワーグナーの舞台作品を演奏会形式で上演する「東京春祭ワーグナー・シリーズ」と並んで、音楽ファンの人気を集めているのが「東京春祭マラソン・コンサート」。毎年、テーマを設定し午前中から夜まで、複数のコンサートがリレー形式で開催され、さまざまな角度からテーマを掘り下げていく。聴衆もまさにマラソン同様に朝から晩まで音楽漬けとなってテーマに沿った多様な音楽を楽しみ、理解を深めることが出来るユニークな企画となっている。

 第6弾となる今年のテーマは「ヴァリエーション(変奏)-変容する音楽」。五つのコンサートでバッハ、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、ワーグナー、サティらの作品からオペラの名旋律などを題材にした変奏曲まで、幅広い分野にわたる変奏作品が披露される。

小宮正安氏

 案内役をヨーロッパ文化史研究家の小宮正安氏が務め、名曲の旋律を中心に変奏について多角的にその魅力を紹介していく。滅多に耳にすることの出来ないウィーン楽友協会所蔵の貴重な作品も演奏されるのも興味深い。

 演奏はNHK交響楽団コンサートマスターの伊藤亮太郎、新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターの西江辰郎をはじめとする内外のトップ・アーティストが交代で担当する。公演は4月3日に東京文化会館小ホールで開催され、第1部の開演は午前11時、最終公演となる第5部は午後7時からスタートする。

マラソン・コンサートに出演のみなさん

 なお、今年の「東京春祭ワーグナー・シリーズ」は4月7日、10日に東京文化会館大ホールで開催され、題名役のアンドレアス・シャーガー、ゲルハルト・ジーゲル(ミーメ)、エギリス・シリンズ(さすらい人)ら世界的なワーグナー歌手とマレク・ヤノフスキ指揮NHK交響楽団の演奏で《ニーベルングの指環》第2夜、楽劇《ジークフリート》が上演される。

(宮嶋 極)

公演データ

【東京春祭マラソン・コンサートvol.6~ヴァリエーション(変奏)-変容する音楽】

4月3日(日)東京文化会館小ホール

☆第Ⅰ部11:00 「《聖なる存在》の変容」

ソプラノ:佐竹由美

メゾ・ソプラノ:中村裕美

テノール:鈴木 准

バリトン:吉川健一

ビウエラ:佐藤亜紀子

ピアノ:朴 令鈴、山田武彦

 

デシウス(J.S.バッハ編):コラール《神のみいと高きところにおわす》

J.S.バッハ:キリストの昇天によってのみ(カンタータ 《キリストの昇天によってのみ》 BWV128 より)

ルイス・デ・ナルバエス:《牛を見張れ》による7つのディフェレンシア

J.S.バッハ:その大いなる御力を深め(カンタータ 《キリストの昇天によってのみ》 BWV128 より)

レーガー:J.S.バッハのテーマによる変奏曲とフーガ op.81

________________________________________

☆第Ⅱ部13:00「《オペラ》の変容」

ソプラノ:佐竹由美

ヴァイオリン:伊藤亮太郎、西江辰郎

フルート:竹山 愛

ピアノ:岡田 将、朴 令鈴

 

モンテヴェルディ:トッカータ、リトルネッロ、プロローグ

(歌劇 《オルフェオ》 より)

ヘンデル:私を泣かせてください(歌劇 《リナルド》 HWV7 より)

パイジェッロ:虚ろな心(歌劇 《美しい水車小屋の娘》 より)

パイジェッロ(ベーム編):パイジェッロの歌劇《美しい水車小屋の娘》より「虚ろな心」による変奏曲

ヴェルディ(メルキオーリ編):美しい愛らしい娘よ(歌劇 《リゴレット》 より)

リスト:リゴレット・パラフレーズ

________________________________________

☆第Ⅲ部15:00「《英雄》の変容」

ヴァイオリン:伊藤亮太郎、西江辰郎

チェロ:小川和久

コントラバス:山本 修

フルート:小山裕幾

ピアノ:加藤昌則

 

ベートーヴェン:12のコントルダンス WoO.14

クレメンティ:ピアノ・ソナタ ト短調 op.7-3

ベートーヴェン(ツレーナー編):バレエ音楽 《プロメテウスの創造物》 op.43 より 序曲

               :バレエ音楽 《プロメテウスの創造物》 op.43 より フィナーレ

ベートーヴェン(フンメル編):交響曲 第3番 変ホ長調 op.55 《英雄》より 第4楽章

________________________________________

☆第Ⅳ部17:00「《サロン》の変容」

ヴァイオリン:伊藤亮太郎、西江辰郎

ヴィオラ:安藤裕子

チェロ:小川和久

フルート:小山裕幾、竹山 愛

イングリッシュホルン:大植圭太郎

ピアノ:岡田 将、加藤昌則、高田匡隆

 

ベートーヴェン(ブゾーニ編):6つのエコセーズ WoO.83

バダジェフスカ:乙女の祈り 変ホ長調 op.4

ハイドン(ヴィルバク、シュルツ、プロック編):

交響曲 第94番 《驚愕》より 第2楽章

トリーベンゼー:ハイドンの「びっくり交響曲」による変奏曲

シューベルト:死と乙女 D.531

      :弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 D.810 《死と乙女》 より 第2楽章

レーガー:「美しく青きドナウ」による即興曲

________________________________________

☆第Ⅴ部19:00「《変奏曲》の変容」

ピアノ:岡田 将、加藤昌則、高田匡隆、山田武彦

ポジティフ・オルガン:大木麻理

 

ワーグナー(ラインハルト編):ハルモニウムとピアノのための二重奏曲「聖杯城への行進」(舞台神聖祝典劇 《パルジファル》より)

サティ:ヴェクサシオン(部分) パッサカリア

ブラームス(ケラー編):交響曲 第4番 ホ短調 op.98 より 第4楽章

バッハ(ブゾーニ編):シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004 より)

 

主催者ホームページ

マラソン・コンサートについて

http://www.tokyo-harusai.com/program/page_3024.html#program_5

《ジークフリート》の聴きどころについて

http://www.tokyo-harusai.com/news/news_3285.html

筆者プロフィル

 宮嶋 極(みやじま きわみ) スポーツニッポン新聞社勤務の傍ら音楽ジャーナリストとして活動。スポニチ紙面、Webにおける取材・執筆に加えて音楽専門誌での連載や公演プログラムへの寄稿、音楽専門チャンネルでの解説等も行っている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです