メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

桜が奏でる柔らか音色 あす、寺本さん 上京・平野神社 /京都

平野神社のしだれ桜「魁」の前で奉納するハープを手にする寺本さん=京都市上京区で

 京都市上京区の平野神社で31日、市出身のハープ奏者、寺本圭佑さん(35)=横浜市=が、府内産の桜で製作した金属弦のアイリッシュ・ハープのコンサートと奉納をする。寺本さんは「桜の名所の境内で、桜のハープの繊細で柔らかな音色を楽しんでほしい」と呼び掛けている。演奏は拝殿で午後2時と7時。入場無料。

 アイリッシュ・ハープは11世紀以降、アイルランドで盛んに演奏されるようになった。19世紀には伝統が途絶え「幻の楽器」とされていたが、近年復興の動きがある。

 中学2年の時、アイリッシュ・ハープと出会った寺本さんは、明治学院大文学部芸術学科に進学。アイルランドやスコットランドに何度も渡って演奏などを学び、国内ではコンサートやスクールを通じて普及に努めてきた。その歴史や構造などを研究するにつれ、自ら手掛けたくなり、2014年から本格的に製作を開始。既に50台近く完成させている。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです