メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

桜が奏でる柔らか音色 あす、寺本さん 上京・平野神社 /京都

平野神社のしだれ桜「魁」の前で奉納するハープを手にする寺本さん=京都市上京区で

 京都市上京区の平野神社で31日、市出身のハープ奏者、寺本圭佑さん(35)=横浜市=が、府内産の桜で製作した金属弦のアイリッシュ・ハープのコンサートと奉納をする。寺本さんは「桜の名所の境内で、桜のハープの繊細で柔らかな音色を楽しんでほしい」と呼び掛けている。演奏は拝殿で午後2時と7時。入場無料。

 アイリッシュ・ハープは11世紀以降、アイルランドで盛んに演奏されるようになった。19世紀には伝統が途絶え「幻の楽器」とされていたが、近年復興の動きがある。

 中学2年の時、アイリッシュ・ハープと出会った寺本さんは、明治学院大文学部芸術学科に進学。アイルラン…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  2. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  3. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです