メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

桜が奏でる柔らか音色 あす、寺本さん 上京・平野神社 /京都

平野神社のしだれ桜「魁」の前で奉納するハープを手にする寺本さん=京都市上京区で

 京都市上京区の平野神社で31日、市出身のハープ奏者、寺本圭佑さん(35)=横浜市=が、府内産の桜で製作した金属弦のアイリッシュ・ハープのコンサートと奉納をする。寺本さんは「桜の名所の境内で、桜のハープの繊細で柔らかな音色を楽しんでほしい」と呼び掛けている。演奏は拝殿で午後2時と7時。入場無料。

 アイリッシュ・ハープは11世紀以降、アイルランドで盛んに演奏されるようになった。19世紀には伝統が途絶え「幻の楽器」とされていたが、近年復興の動きがある。

 中学2年の時、アイリッシュ・ハープと出会った寺本さんは、明治学院大文学部芸術学科に進学。アイルラン…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文674文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです