メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・春・音楽祭2016

「東京・春・音楽祭」をハイレゾ音質で生配信

IIJのハイレゾストリーミングサービスで使用する2本の無指向性マイク「DPA4006」。デンマーク製(下)。上はつり上げたところ=東京都台東区の東京文化会館小ホールで2016年4月3日、小島昇撮影

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、東京・上野で開催中の「東京・春・音楽祭2016」で3日と9日の2日間にわたり、コンサートの模様を高音質の「ハイレゾリューション」音源で生中継している。3日は「東京春祭マラソン・コンサート Variations(変奏)−変容する音楽」を、9日は「ベルリン・フィルのメンバーによる室内楽」の公演で、同社は「CDを超えるハイレゾ音質で、コンサートホールにいるような臨場感で音楽を楽しんでほしい」とアピールしている。

 IIJは昨年4月の同音楽祭で初めてハイレゾ生中継の実証実験を行い、以後、ドイツのベルリンやポーランドのワルシャワ、オランダ・アムステルダムと日欧のコンサートホールからストリーミング中継してノウハウを積み重ねた。クラシック音楽の生中継は今回が5回目で、無料で聞くことができるが実験ではなく、「本サービスとの位置づけ」(同社)だ。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです