メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

シンフォニー・オブ・ザ・エア来日迫る 1955年4月の紙面から

世界第一級の交響楽団シンフォニー・オブ・ザ・エアを指揮するウォルター・ヘンドル=東京都千代田区の日比谷公会堂で1955年5月3日

 1955年5月に来日した元NBCトスカニーニ交響楽団「シンフォニー・オブ・ザ・エア」。来日直前の様子を当時の毎日新聞記事から紹介します。

<1955(昭和30)年4月1日夕刊社会面>

 本社とNHKが招く元NBCトスカニーニ交響楽団“シンフォニー・オブ・ザ・エア”の前売券発売は一日正午から本社はじめ都内のプレイガイドで一斉に行われたが、ほとんど売りつくすという空前に人気だった。

 本社への一番乗りは前夜九時にかけつけたN大学の女子学生(一八)で、徹夜組もまじえ午前十時には約千五百人がつめかけ、カサの行列が旧館から日活劇場をぐるりとかこんだ。列のうしろの方は“売り切れはしないか”と気が気でない風情だったが、切符を手にした人たちはようやく肩から荷がおりたという表情で、大事そうにポケットをおさえながら帰って行った。

この記事は有料記事です。

残り4523文字(全文4886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  3. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 富山知事選、新人の新田八朗氏が現職らを破り当選 半世紀ぶりの保守分裂制す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです