メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラ・フォル・ジュルネ2016

庄司紗矢香さん「自分の過去のコピーではなく、その瞬間の真実を演奏したい」

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに4年振りの出演となる庄司紗矢香さん(提供=KAJIMOTO)

[PR]

 いったいこの華奢(きゃしゃ)な体のどこにエネルギーが潜んでいるのだろうか――。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンで、現代作曲家マックス・リヒターがリコンポーズ(再作曲)したヴィヴァルディ「四季」を演奏するヴァイオリニスト、庄司紗矢香さん。4月23日、日本フィル定期でブリテン「ヴァイオリン協奏曲」の演奏後、「四季」への思いや演奏に対する向き合い方などについて話を聞いた。【聞き手・西田佐保子】

 ――今回演奏される、マックス・リヒターによるヴィヴァルディ「四季」のリコンポーズは、庄司さんが選曲されたのでしょうか。

 ラ・フォル・ジュルネで演奏する曲については、音楽祭のアーティスティック・ディレクターであるルネ・マルタンが「これを弾いてほしい」とリクエストする場合と、私が「これを弾きたい」とリクエストする場合があります。今年は音楽祭のテーマが「ナチュール-自然と音楽」だと聞いて、「リヒターの『四季』はとてもおもしろい曲だからぜひ演奏してみたい」とルネに話しました。出版社から送られてくる楽譜やCDを整理していたときに、マックス・リヒターのアルバム「ヴィヴァルディ:四季(リコンポーズド・バイ・マックス・リヒター)」を見つけて、「四季のリコンポーズって何だろう」と、当時リヒターのことは全く知らなかったものの聴いてみて、一瞬で彼の「四季」にひかれました。

 ルネは、アイデアが次から次へとあふれてくるようです。ラ・フォル・ジュルネでは、たくさんのプログラムを頼まれることもあるけれど、私はあまりたくさんの演奏をこなせるタイプじゃないで、可能な範囲で参加して、質を保つことを大切にしています。ルネはそんな私のわがままを聞いてくれるので感謝しています。

 ――原曲の「四季」とリヒターの「四季」、演奏するときにそれぞれどのような風景が目の前に広がりますか。

 ヴィヴァルディの「四季」は、音楽史上、最もビジュアルな音楽だと思っています。自然に一番近い曲ですし、音楽の根源が自然であることを思い出させてくれる曲です。リヒターは、原曲の要素を残しながらも、独自の世界観を展開して彼の世界に連れ行く。「四季」が生まれてから何世紀かを経て、まるでタイムマシンに乗ったような、今までにない体験が味わえます。

 ――ナントのラ・フォル・ジュルネでは共演したポーランド室内管弦楽団の印象は?

 今回、リヒターの「四季」は指揮者なしの初の弾き振りで、最初は怖かったけれど、「私は指揮者ではないのでよく分かりません」と最初に開き直って彼らに話したら、皆、親切にしてくれました(笑い)。ただ、どのようにこの曲を表現したいかは、はっきりと、かなり詳しく分かっていたので、その点はちゃんと伝えて話し合ったり、どう指示したらアウフタクト(4拍目など第1拍以外の弱拍を指す。弱拍からの開始を弱起という)が分かりやすいかなどを相談したりしながら演奏を完成させていきました。自分が演奏するだけでなく、全ての楽器にアンテナを張り巡らせて一つ一つ指示を出していくのは大変でしたが、とても新鮮でよい経験になりました。

 ――ナントでは、原曲の「四季」も演奏されましたね。リヒターの「四季」の反響はいかがでしたか。

 原曲は何回も演奏しました。リヒターの「四季」を演奏したいと言っていたはずが、途中でルネに「ヴィヴァルディの『四季』もできる?」と聞かれて、結局、原曲の演奏回数の方が多かった(笑い)。

 ヴィヴァルディの「四季」は非常にポピュラーですが、リヒターの存在はフランスでもあまり知られていません。フランス人は保守的なところがあるので、プログラムを組む時に少し悩んだと思います。「あのヴィヴァルディに手をつけた」、つまり「神聖なものに手を加えた」ということですから、抵抗があったらしいです。でも、実際聴きに来てくださった皆さんは気に入ってくれたようです。日本では今回、リヒターの「四季」が初演だと知って驚きましたが、とても新鮮な体験ができるので、皆さんもぜひ「発見」しにきてください。

 ――ナントでお客さんの反応は心配じゃありませんでしたか。

 その心配はありませんでした。それよりも、さきほど日フィルの定期演奏会で弾いたブリテンの「ヴァイオリン協奏曲」の方が「大丈夫かな、お客さん……」と心配でした(笑い)。これはとてもアクロバティックな曲で、自分で演奏するのは絶対に不可能だとずっと思って、何度か楽譜を開いて勉強をしたことはあったけれど、そのたびに諦めていたので……。

 ――今回、日フィルの定期演奏会では、アンコールで「スペイン内戦時軍歌:アヴィレスへの道」を演奏されました。庄司さん自身が編曲なさったそうですが、今回が初演ですか。

 はい。アンコールで演奏する曲を探していたときに、作曲者の名も残されていない、伴奏なしの男性のユニゾンによる「スペイン内戦時軍歌」の古い録音を見つけました。ブリテンの「ヴァイオリン協奏曲」はスペイン内戦時に作曲されたので、その影響が作品にも反映されているだろうと思い、また初演がスペイン人のヴァイオリニスト(アントニオ・ブローサ)だったこともあり、この曲を選びました。

庄司紗矢香さん(c)kishin shinoyama.

 ――リヒターの「四季」やブリテンの「ヴァイオリン協奏曲」しかり、常に新しいことにチャレンジする印象の強い庄司さんですが、桐朋学園大で特命教授として音大生を指導する際、「慣れた音を再現するのではなく、あたかも今、曲が生まれているかのように、驚きながら弾きましょう。それが演奏」とアドバイスされたそうですね。何回も繰り返し演奏した曲に、新たな気持ちで向かい合うのは難しくないですか。

 難しいですね。実はそのような思いで演奏するようになったのは、ツアーを始めた2001年ごろ、メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」やチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」を立て続けに弾いていたときからでしょうか。「練習のときのように弾こう」「今日うまくいったから、明日も同じように演奏しよう」という考えが正しくないことに気付きました。自分の過去をコピーしてはいけない。そこには、その瞬間、瞬間の真実がないから。「今、ここで初めて演奏される曲」という気持ちで弾く。作曲家がその曲を生み出した瞬間の勢いや感情、みずみずしさが伝わるような演奏を心がけています。

庄司紗矢香さん

 1999年、パガニーニ国際コンクールで史上最年少・日本人初の優勝という快挙を成し遂げる。以来、アシュケナージ、ヤンソンス、メータ、テミルカーノフら名指揮者と共演するなど世界的に活躍。今シーズンはサンクトペテルブルク・マリインスキー劇場管弦楽団などと共演するほか、ロンドンのウィグモア・ホールにもデビューする。使用楽器は、上野製薬株式会社により貸与された1729年製ストラディヴァリウス“レカミエ(Recamier) ”。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです