メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

ポリーニ ピアノ・リサイタル 美しく歳を重ねる=評・大木正純

 ポリーニのソロ・リサイタル最終日(4月21日、東京・サントリーホール)。前半にショパンの小品あれこれ、後半がドビュッシーの「前奏曲集第2巻」全曲というプログラムで、満場の聴衆を魅了した。

 ほぼ半世紀の間、ピアノ界の最前線を歩みつつ、おそらく十数年前には大きな変貌を遂げて世間を驚かせたポリーニも、いまや心静かな日々のうちに、その音楽にいちだんと老熟の味わいを加味しつつあるように思われる。かみそりのような切れ味やぴりぴりした完璧性は、もう遠い昔の話。冒頭に弾かれたショパン「前奏曲」作品45には枯れた冬景色の寂しさが漂い、確たる構築性を放棄した「幻想ポロネーズ」は、さながらファンタジーのごとく、にじんだ色模様を広げる。二つのノ…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです