メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

平野啓一郎さん 「小さな声」に耳を澄ます 小説『マチネの終わりに』で描いたこと

=東京都千代田区で

 繊細なクラシックギターを通奏低音とし、40代の恋愛や生きづらさを描く平野啓一郎さんの小説『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)が好評だ。本紙朝刊に昨年3月〜今年1月連載され、幅広い年代から支持を集めた。平野さんに聞いた。【鶴谷真】

 マチネとは昼の公演のこと。主人公の蒔野(まきの)は天才的なギタリストだ。「大声競争のような資本主義社会の中で、現代人の疲れを感じていました。耳を澄まさないと味わえないクラシックギターを小説に書こうと思いました」。心に傷を負ったイラク難民の若い女性を、蒔野が演奏で癒やす場面がある。小さな音色に導かれた描写という。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです