メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
三味線

音を自動で譜面化 八工大院・小坂谷教授が装置開発 東北の民謡30曲分完成 /青森

エレキ三味線を演奏する小坂谷壽一教授=八戸工業大学で

 三味線の演奏を自動で譜面にする装置の研究を続けてきた八戸工業大学大学院の小坂谷壽一(こさかやじゅいち)教授(63)=コンピューターシステム=が、南部・津軽民謡などを自動採譜化する「自動採譜装置」を完成させ、16日に同大で披露した。弦ごとに特殊なマイクを付けたエレクトリック三味線で入力し、コンピューターで処理。三味線譜と西洋楽譜に自動的に譜面化する。2009年から研究を重ね、ほぼ100%の自動譜面化に成功。小坂谷教授は「全国の民謡や、アジアなどの楽譜のない伝統音楽にも譜面化を広めたい」と話している。【塚本弘毅】

     自動採譜装置の研究を始めるきっかけは、同大に赴任した約10年前。津軽三味線講座に参加し、自宅でおさらいをしようとしたが、譜面がなくて困っていた。「その場で覚えなさい。それができなかったら、自動的に譜面化する装置を作りなさい」。師匠に言われたその言葉がきっかけで、研究に着手した。

    エレキ三味線(右)と電子ピアノでデモ演奏したジャズピアニストのデビッド・マシューズさん=16日の八戸工業大学の公開授業で

     エレクトリック三味線は、3弦相互の共振を防ぐように設計されている。入力音からノイズを除くなどコンピューターで音階処理し、自動譜面化。当初はテンポの速い曲などは採譜が困難だったが、解析能力を高め、再現力はほぼ100%になった。

     県内の民謡を中心に東北地方の民謡約30曲の譜面が完成し、第1弾として近く公的教育機関に寄贈する予定。譜面化には三味線奏者の松田隆行さんが演奏し、プロの音楽家に楽譜の精度を検証してもらった。16日には同大で公開授業を開き、自動採譜装置を紹介。米国のジャズピアニストのデビッド・マシューズさん(74)が西洋楽譜を使い、電子ピアノで津軽民謡をデモ演奏してみせた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    3. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺
    4. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです