メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

旧ユーゴ和解のハーモニー 柳沢さん懸け橋に 6月来日公演

バルカン室内管弦楽団の2015年セルビア・ベオグラード公演=柳沢寿男さん提供

 内戦で多くの犠牲者を出し、民族同士で憎しみ合った歴史を持つ旧ユーゴスラビア。今も対立が続く中、かつての敵が思いを一つにハーモニーを奏でるオーケストラがある。指揮者の柳沢寿男さん(44)が設立した「バルカン室内管弦楽団」だ。6月、4度目となる来日を果たし、5日に長野・岡谷で、同10日には東京・第一生命ホールで公演する。民族を超えた楽団が、平和にこめた思いとは−−。【中嶋真希】

 同楽団にはコソボやセルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナなど旧ユーゴのすべての国の音楽家約50人が在籍している。いずれも旧ユーゴスラビア崩壊後、激しい内戦を経て独立した国々だ。柳沢さんが楽団設立を思い立ったのは、混乱が続くコソボで2007年3月、コソボ・フィルハーモニー交響楽団に客演したのがきっかけだった。

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1660文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです