メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

演奏家が小学校で授業 生のサックスに想像膨らませ 下関 /山口

大石さんの演奏を聴きながら即興で絵を描く子どもら

 サクソフォン奏者、大石将紀さんとピアニスト、新居由佳梨さんによる音楽ワークショップが27日、下関市豊浦町の市立小串小(中野俊尋校長、全校児童64人)で開かれ、5年生15人と保護者ら7人が参加した。

 大石さんは「この演奏は甘い? しょっぱい?」「次の演奏は春? 夏?」などと問いかけながら、演奏を披露した。演奏後には「どうしてそう感じたの?」と問いかけ、子どもたちは「もみじが散って川に流れている感じがしたから秋だと思った」「寒くて凍えそうでつらそうな感じだから冬」などと答えていた。

 次に3枚の絵を見せながら演奏し、音楽に合う絵を選ばせた。参加者は「家族3人が歩いている絵で、背景が…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです