メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

さまざまな視点があるからこそ、この世界は自由で素晴らしい 森達也監督・後編

「ドキュメンタリーは撮る側と撮られる側の相互作用」と語る森監督(C)2016「Fake」製作委員会

 ゴーストライター騒動で話題になった佐村河内守氏の素顔に迫るドキュメンタリー映画「FAKE」が現在公開中の森達也監督。インタビュー後編は「信じること」について、また「衝撃のラスト12分」について聞いた。(前編「なぜ佐村河内氏を被写体に選んだのか?」はこちら)【聞き手・西田佐保子】

悲しみは普遍化できる

 ――映画の冒頭、「二人の怒りではなく、悲しみを撮りたい」と宣言しています。

 編集の時はいろいろ考えるけど、現場で実際に会話しているときは、あまり深く考えずにしゃべっていること…

この記事は有料記事です。

残り3429文字(全文3667文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです