メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
こちらもオススメ

堀江敏幸・評 『武満徹・音楽創造への旅』=立花隆・著

 (文藝春秋・4320円)

著者の切迫した息づかいと覚悟

 長大なインタビューを土台にした立花隆の「武満徹・音楽創造への旅」は、『文學界』一九九二年六月号から一九九八年五月号まで、五年十一カ月にわたって連載され、一応の完結を見ていたにもかかわらず、以後十八年のあいだ書籍化されることなく眠っていた幻の作品である。

 立花隆の仕事の徹底ぶりは、よく知られている。妥協を許さない下調べと資料の読み込み、発言の裏を取り、…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1443文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです