メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

徳永二男 心身と音が一体に 50年の節目「魂の協奏曲」開催

=内藤絵美撮影

 古希を迎える今年、楽壇生活も50年に至った。「昨日より今日、今日より明日」と精進を続けた半世紀を記念して、七夕に演奏会を開く。「晴れがましすぎるのですが、バイオリンの50年生は類を見ないと後押しされ」、タイトルを「徳永二男(つぎお) 魂の協奏曲」とした。協演は古巣のNHK交響楽団、指揮は広上淳一。思い出深い3曲で、公私にわたる節目を飾る。

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです