メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ひと

和波孝禧さん=「点字毎日」の連載が40年になるバイオリニスト

和波孝禧(わなみ・たかよし)さん(71)

 バイオリニストは「音」で表現するのが仕事だ。「言葉では、どう表現したら曲の魅力が伝わるかと毎回考えます」。週刊の点字新聞「点字毎日」で、月1回「和波孝禧が選ぶクラシック新譜」を連載して今月で40年。CD2、3枚ずつを紹介している。

 曲の背景や作曲者の“横顔”を平易な文章でつづり、親しみやすい。「クラシックに興味のない読者も『そのCD、聞いてみようか』と思ってくれたらうれしい」という。

 幼い時からラジオが大好きで、中でもクラシックに引き込まれた。聴きながら「どんな情景だろう」「作った…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文664文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです