メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

シンフォニー・オブ・ザ・エア 別れのタクト 1955年5月16~25日の紙面から

兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で公演された「シンフォニー・オブ・ザ・エア」による大学生のための演奏会=1955年5月9日撮影

 1955年5月に来日した元NBCトスカニーニ交響楽団「シンフォニー・オブ・ザ・エア」は、東京、大阪など9都市で17公演を行い、音楽ファンを魅了しつくしました。「学生はモノにつかれたように聞きほれ」「尽きることを知らぬメロディーは泉のように流れ出し」「指揮者も演奏者も聴衆も共感に結ばれて会場はただ感激のルツボと化した」……。このうえない賛辞が並んだ毎日新聞の当時の記事の一部をご紹介します。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  4. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです