メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

シンフォニー・オブ・ザ・エア 別れのタクト 1955年5月16~25日の紙面から

兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で公演された「シンフォニー・オブ・ザ・エア」による大学生のための演奏会=1955年5月9日撮影

 1955年5月に来日した元NBCトスカニーニ交響楽団「シンフォニー・オブ・ザ・エア」は、東京、大阪など9都市で17公演を行い、音楽ファンを魅了しつくしました。「学生はモノにつかれたように聞きほれ」「尽きることを知らぬメロディーは泉のように流れ出し」「指揮者も演奏者も聴衆も共感に結ばれて会場はただ感激のルツボと化した」……。このうえない賛辞が並んだ毎日新聞の当時の記事の一部をご紹介します。

この記事は有料記事です。

残り5170文字(全文5367文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです