メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

仙台国際音コン 協奏曲で個性発揮 世界でもユニークな登竜門

 コンクールには若い参加者のはじける喜びや、落胆する悲しみが凝縮され、それを包み込む聴衆やオーケストラに、「期待」がかもし出す温かさが満ちる。バイオリンとピアノの両部門から成る第6回仙台国際音楽コンクール(仙台市など主催、海老澤敏運営委員長)が仙台市の日立システムズホール仙台で開かれた。ピアノ部門は23の国・地域から計270人が参加。予備審査、予選、セミファイナルを経て6人(日本人2人)が6月23〜25日の本選に出場した。

 現在、世界中で主なものだけでも300を超える音楽コンクールがある。エリザベート王妃国際音楽コンクー…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1496文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 風知草 韓国に「NO」という意味=山田孝男
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです