メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
まいにちクラシック

シンフォニー・オブ・ザ・エア 日本の交響楽に飛躍の糧 1955年5月~6月の紙面から

シンフォニー・オブ・ザ・エア東京公演初日のリハーサルに集まった音楽ファン=東京都千代田区の日比谷公会堂で1955年5月3日

 7回にわたっておつきあいいただきました元NBCトスカニーニ交響楽団「シンフォニー・オブ・ザ・エア」の1955年5月の来日公演。最後に、彼らが日本に残した大きな足跡を、毎日新聞の当時の記事で振り返ります。

流麗さと豪放な迫力 シンフォニー・オブ・ザ・エア告別演奏会 音楽評論家・野村光一

<1955(昭和30)年5月25日朝刊文化面>

 会場の音響効果不備にもかかわらず、告別演奏会でのベートーヴェン第七交響曲は、この楽団が東京で手がけ…

この記事は有料記事です。

残り5302文字(全文5518文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです