メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

シンフォニー・オブ・ザ・エア 日本の交響楽に飛躍の糧 1955年5月~6月の紙面から

シンフォニー・オブ・ザ・エア東京公演初日のリハーサルに集まった音楽ファン=東京都千代田区の日比谷公会堂で1955年5月3日

 7回にわたっておつきあいいただきました元NBCトスカニーニ交響楽団「シンフォニー・オブ・ザ・エア」の1955年5月の来日公演。最後に、彼らが日本に残した大きな足跡を、毎日新聞の当時の記事で振り返ります。

流麗さと豪放な迫力 シンフォニー・オブ・ザ・エア告別演奏会 音楽評論家・野村光一

<1955(昭和30)年5月25日朝刊文化面>

 会場の音響効果不備にもかかわらず、告別演奏会でのベートーヴェン第七交響曲は、この楽団が東京で手がけたこの種の交響曲作品中最も良いまとまりを見せたものであった。これは一つには、最後の演奏の指揮をソーア・ジョンソン氏が担当したからでもあろう。氏は前任者ヘンドル氏がいささかかまえた態度で楽団に対していたのと異なり、虚心坦懐これに向かった。このゆえに演奏は自然一層の流麗さと迫力を加えたが、それとともに氏…

この記事は有料記事です。

残り5152文字(全文5518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです