メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽の窓から世の中を眺めて

殺人犯ホセが裁判員裁判を受けたら

江川紹子

 昨秋のことになるが、東京都内の某国立大学で1、2年生対象の全学部共通ゼミで話をする機会があった。毎回、さまざまな分野の人を呼んでいるとのことで、担当されているT教授から、お招きをいただいた。ちなみに、T先生は、私とはツイ友(ツイッター友達)の間柄だ。

 テーマは「何でもいい」とのことだったので、オペラ「カルメン」を取り上げることにした。

 事前にひとつ宿題を出した。それは、「参加者は、事前にこの作品を鑑賞しておくこと」。その大学の図書館…

この記事は有料記事です。

残り3878文字(全文4102文字)

江川紹子

えがわ・しょうこ 神奈川新聞社会部記者を経てフリーライターに転身。その後、オウム真理教による一連の凶悪事件などの取材・報道を通じて社会派ジャーナリストとして注目を集める。新聞、週刊誌の連載やテレビの報道・情報番組のコメンテーターとして活躍。近年、クラシック音楽やオペラの取材、アーティストのインタビューなどにも取り組んでいる。Twitter:@amneris84 ‏

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです