メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

from OTTAVA

「発見してほしい」選曲にこだわり 林田直樹さん

「同じタイプの曲を続けて流さないのは『発見』してほしいから」と話す林田さん

「PrimeSeat/OTTAVA Liberta」(木、金曜午後2~5時)

 「古典派やロマン派は“肉”、現代曲は“野菜”。肉ばかりじゃ胃もたれするし、野菜だけだと飽きるでしょう」。クラシック音楽専門のインターネットラジオ「OTTAVA」で、「PrimeSeat/OTTAVA Liberta」木、金曜を担当する音楽ジャーナリスト、林田直樹さん(53)。選曲には独自のこだわりがある。「勝負曲を決める」「一度もかかっていない曲を流す」。それでいて、曲順などは決めずにスタジオ入りする。「ポケットに色とりどりのキャンディーを持っていて、いつでも何でも出せるおじさんみたいになりたい」

 「勝負曲」とは? 「日本人にとってキラーコンテンツはピアノのきれいな音。だからピアノを使いすぎない…

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1284文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです