メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
音楽徒然草

秋が待ち遠しい シュターツカペレ・ドレスデン「ラインの黄金」

 「アリエスの乙女たち」「天上の虹」「ギリシア神話」など数多くの名作を世に送り出してきた漫画家の里中満智子さん(68)に「マンガ名作オペラ」と題した大変な労作がある。2003年10月から始まった全8巻(中央公論新社)のシリーズだ。

 記念すべき第1弾はリヒャルト・ワーグナーの「ニーベルングの指環」で、「上」(序夜「ラインの黄金」、第一夜「ワルキューレ」)と「下」(第二夜「ジークフリート」、第三夜「神々の黄昏」)の2巻立て。その後の第3巻が「椿姫」「アイーダ」「リゴレット」「マクベス」、第4巻「カルメン」「トリスタンとイゾルデ」「サムソンとデリラ」、第5巻「トゥーランドット」「蝶々夫人」「ラ・ボエーム」、第6巻「フィガロの結婚」「魔笛」「ドン・ジョバンニ」「セビリアの理髪師」、第7巻「サロメ」「ナクソス島のアリアドネ」「こうもり」「ナブッコ」、そして第8巻に「トスカ」「マノン レスコー」「ローエングリン」が収録されており、何とも豪華なラインアップだ。ちょうど10年前の06年10月からは順次、文庫化もされて評判を呼んだ。

 里中さんがオペラと出合ったのは小学生の頃という。文庫本刊行に当たって寄せた文章によると、テレビ放送…

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1580文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  4. 「年越しそば、おいしそうに食べろ」 壮絶な虐待の詳細明らかに 野田・女児虐待死

  5. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです