メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

ソ連楽壇の巨星ギレリス氏来日 1957年9~10月の紙面から

ギレリス氏(中央)の歓迎会=赤坂プリンスホテルで

 日本中に興奮と熱狂の渦を巻き起こした1955年5月の「シンフォニー・オブ・ザ・エア」来日公演。その世界的オケを育てあげた米国の聴衆から大絶賛を浴びたのが、ソ連(当時)の世界的ピアニスト、エミール・ギレリスです。ギレリスは57年10月10日から東京、大阪など8都市で公演。当時の毎日新聞記事から、戦後日本の歴史的体験を3回に分けて紹介します。

この記事は有料記事です。

残り4780文字(全文4952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  2. レルヒさんもため息? 雪国の新潟、歴史的暖冬で経済大打撃 影響深刻化も

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです