メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

ソ連楽壇の巨星ギレリス氏来日 1957年9~10月の紙面から

ギレリス氏(中央)の歓迎会=赤坂プリンスホテルで

 日本中に興奮と熱狂の渦を巻き起こした1955年5月の「シンフォニー・オブ・ザ・エア」来日公演。その世界的オケを育てあげた米国の聴衆から大絶賛を浴びたのが、ソ連(当時)の世界的ピアニスト、エミール・ギレリスです。ギレリスは57年10月10日から東京、大阪など8都市で公演。当時の毎日新聞記事から、戦後日本の歴史的体験を3回に分けて紹介します。

<1957(昭和32)年9月15日夕刊文化面>

この記事は有料記事です。

残り4757文字(全文4952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです