メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

ソ連楽壇の巨星ギレリス氏来日 1957年9~10月の紙面から

ギレリス氏(中央)の歓迎会=赤坂プリンスホテルで

 日本中に興奮と熱狂の渦を巻き起こした1955年5月の「シンフォニー・オブ・ザ・エア」来日公演。その世界的オケを育てあげた米国の聴衆から大絶賛を浴びたのが、ソ連(当時)の世界的ピアニスト、エミール・ギレリスです。ギレリスは57年10月10日から東京、大阪など8都市で公演。当時の毎日新聞記事から、戦後日本の歴史的体験を3回に分けて紹介します。

この記事は有料記事です。

残り4780文字(全文4952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです