メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

from OTTAVA

知の巨人・柴田南雄の魅力を語る 「山田和樹の世界」第1弾

柴田南雄の魅力について語りあう山田和樹さん(右)と林田直樹さん

 クラシック音楽専門のインターネットラジオ「OTTAVA」に気鋭の若手指揮者、山田和樹さんが登場し、今年生誕100年・没後20年にあたる作曲家、柴田南雄(1916~96年)の魅力を語った。「山田和樹の世界」と題するシリーズの第1弾で、聞き手は林田直樹さん。山田さんはサントリーホールで11月7日、いずれも創立60周年を迎えた日本フィルハーモニー交響楽団と東京混声合唱団を率いて「山田和樹が次代につなぐ《ゆく河の流れは絶えずして》」を開く。二人が「音楽界の知の巨人」「日本のバルトーク」と口をそろえる柴田の先駆性やメッセージ性に迫り、東西文化論にまで話が及ぶ濃密な30分間だ。

 2004年から東混を指揮している山田さん。柴田作品との出会いは、十八番ともいえる「追分節考」だった…

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです