メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

花やかに…豊かに ギレリス氏初演奏 1957年10月の紙面から

演奏するギレリス氏=東京・共立講堂で

 1957(昭和32)年10月に初来日したソ連(当時)の世界的ピアニスト、エミール・ギレリス。「ピアノが生きもののように心楽しく歌っている感じ」「聴衆の一人一人の顔に甘い放心がただよって」……初公演の興奮を伝える記事からは、記者自身の高ぶりも伝わってきます。

ギレリスの個性 ゲ・コーガン氏の論文から

<1957(昭和32)年10月9日朝刊文化面>

 来日したソ連の誇る名ピアニスト、エミール・ギレリス氏の公演に寄せる日本の期待は大きいが、雑誌「ソビ…

この記事は有料記事です。

残り3824文字(全文4047文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです