メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

花やかに…豊かに ギレリス氏初演奏 1957年10月の紙面から

演奏するギレリス氏=東京・共立講堂で

 1957(昭和32)年10月に初来日したソ連(当時)の世界的ピアニスト、エミール・ギレリス。「ピアノが生きもののように心楽しく歌っている感じ」「聴衆の一人一人の顔に甘い放心がただよって」……初公演の興奮を伝える記事からは、記者自身の高ぶりも伝わってきます。

ギレリスの個性 ゲ・コーガン氏の論文から

<1957(昭和32)年10月9日朝刊文化面>

 来日したソ連の誇る名ピアニスト、エミール・ギレリス氏の公演に寄せる日本の期待は大きいが、雑誌「ソビ…

この記事は有料記事です。

残り3824文字(全文4047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです