メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
まいにちクラシック

花やかに…豊かに ギレリス氏初演奏 1957年10月の紙面から

演奏するギレリス氏=東京・共立講堂で

 1957(昭和32)年10月に初来日したソ連(当時)の世界的ピアニスト、エミール・ギレリス。「ピアノが生きもののように心楽しく歌っている感じ」「聴衆の一人一人の顔に甘い放心がただよって」……初公演の興奮を伝える記事からは、記者自身の高ぶりも伝わってきます。

ギレリスの個性 ゲ・コーガン氏の論文から

<1957(昭和32)年10月9日朝刊文化面>

 来日したソ連の誇る名ピアニスト、エミール・ギレリス氏の公演に寄せる日本の期待は大きいが、雑誌「ソビ…

この記事は有料記事です。

残り3824文字(全文4047文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです