メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

「オンブラ・マイ・フ」が奏でるドラマ

 リオデジャネイロ五輪とともに〝熱い夏〟も過ぎ去り、日増しに秋の気配が色濃くなってきた。年の巡りは早いもので、映画賞によってはそろそろ選考が本格化する季節に突入する。

 今年も賞レースに絡んできそうな力作は少なくないが、ここでは「オンブラ・マイ・フ」が効果的に使われた西川美和監督(42)の「永い言い訳」を取り上げる。自らの直木賞候補作を自らの脚本・演出で映画化した話題作だ。

 バス事故で妻を失った男と、母親を亡くした子どもたち。この出会いから始まる人間ドラマが丹念に紡がれる…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです