メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

「オンブラ・マイ・フ」が奏でるドラマ

 リオデジャネイロ五輪とともに〝熱い夏〟も過ぎ去り、日増しに秋の気配が色濃くなってきた。年の巡りは早いもので、映画賞によってはそろそろ選考が本格化する季節に突入する。

 今年も賞レースに絡んできそうな力作は少なくないが、ここでは「オンブラ・マイ・フ」が効果的に使われた西川美和監督(42)の「永い言い訳」を取り上げる。自らの直木賞候補作を自らの脚本・演出で映画化した話題作だ。

 バス事故で妻を失った男と、母親を亡くした子どもたち。この出会いから始まる人間ドラマが丹念に紡がれる。主人公の本木雅弘(50)はじめ、竹原ピストル(39)、黒木華(26)ら大人の俳優たちはもちろん、子役の藤田健心(12)と白鳥玉季(6)もどこまでも自然体で西川ワールドに染まってみせた。

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです