メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

from OTTAVA

何を知っているかよりも、何を感じるか 飯田有抄さん

「心のお散歩の同伴者に」と話す飯田さん。「マリアさん」(左手前)も準備万端

「PrimeSeat/OTTAVA Salone」(木、金曜午後6~9時)

 今年1月14日の初放送はよく覚えていない。「無我夢中だった。でも、所信表明はしました。『聴いている皆さんは心のお散歩中。わたしはそのお散歩の同伴者になれたらうれしい』」。クラシック音楽専門のインターネットラジオ「OTTAVA」で、「PrimeSeat/OTTAVA Salone」木、金曜を担当する飯田有抄さん(42)。相棒の2代目トイピアノ「マリアさん」とともに、リスナーの「面白いね」「いいよね」に共感し続けたいと思っている。

 2月の終わり、午後9時からのニコニコ動画限定“放課後放送”での出来事だった。ロシアの作曲家、ミャス…

この記事は有料記事です。

残り1350文字(全文1654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです