メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

野田暉行(作曲家) 音に身をゆだね 個性的な邦楽がCDに

野田暉行 作曲家

 現代作曲界の重鎮、野田暉行(てるゆき)(76)の邦楽作品5曲を取り上げた、「邦楽四重奏団」(箏(そう)=中島裕康、寺井結子(ゆいこ)、十七絃(げん)=平田紀子、尺八=黒田鈴尊(れいそん))のコンサートの模様がライブCDとして今秋発売される。邦楽器に一部、チェロも加わるなど個性的なアンサンブルは、苛烈と静謐(せいひつ)が混交し、深みをたたえている。邦楽、洋楽のジャンルの差を感じさせない作品の来歴について野田に聞いた。

 津市に生まれた野田は「戦後、邦楽や漫才などが娯楽になっていて、幼いころ三味線や太鼓、端唄・小唄をよく聴いた。『楽器が後を追ってずれていくのが面白い』と親に言っていたそうで、曲の仕組みに興味があったのでしょう」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです