メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

早野龍五さん=「才能教育研究会」会長の東大教授

早野龍五さん

早野龍五(はやの・りゅうご)さん(64)

 「まさかこんな人生が待っていようとは思ってもみなかった」。バイオリン、ピアノ、チェロ、フルートを通じた早期教育「スズキ・メソード」で知られる公益社団法人「才能教育研究会」の5代目会長に就任したのは8月下旬。東京電力福島第1原発事故の後、活発な情報発信で注目されてきた物理学者は、意外な一面によって音楽界の耳目も集めている。

 幼いころ長野県松本市へ。4歳からバイオリンを習い、鈴木鎮一(しんいち)氏(1898〜1998年)に師事した。「外国からお客さんが来ると、よく模範演奏をさせられた」。高校に入って物理が好きになり、東大で素粒子の研究に没頭。2008年に「反物質」の独創的研究で仁科記念賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです