メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

世界で一番美しい歌劇場の看板名作~ヴェネツィア、フェニーチェ歌劇場で「椿姫」を見る

ヴェネツィアの小運河

 旅先として一番好きな街は?

 そう聞かれたら、「プラハとヴェネツィア」と答える。

 どちらも歴史があり、どこをとっても絵になり、ぶらぶら歩くだけで楽しい街だからだ。いずれも大戦の被害を受けていないので、足掛け何世紀にもわたる建築物がそっくり残っている。1000年以上共和国として繁栄したヴェネツィアなど、ひとつの建物にロマネスクからゴシック、バロックまで、さまざまな様式の窓が混在していることが珍しくない。そして、筆者にとって肝心なことに、どちらの街にも「オペラ(=歌劇場)」がある。

この記事は有料記事です。

残り4232文字(全文4474文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです