メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

日本人も大活躍! 大成功だった「ロッシーニ・オペラ・フェスティバル」(下)

左から山本康寛、中井奈穂、小堀勇介

香原斗志

「イタリアのトルコ人」と「バビロニアのチーロ」

 毎夏、ペーザロで開催されるロッシーニ・オペラ・フェスティバル(ROF)、今年の2演目はダヴィデ・リヴェルモーレの新演出による「イタリアのトルコ人」だった。虚構と現実が交錯するフェデリコ・フェリーニ監督のコメディー映画「8 1/2」をモチーフにした舞台は、アイデアは悪くないが、過剰な仕掛けによってドラマの核心が見えにくくなるという欠点も気になった。

 浮気な妻フィオリッラを歌ったのは、指揮者マリオッティ夫人でもあるオルガ・ペレチャツコ。この役はすで…

この記事は有料記事です。

残り3858文字(全文4111文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです