メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

佐治敬三初代館長の思い~~市本徹雄総支配人に聞く(下)

カラヤンと佐治敬三氏=サントリーホール提供

 10月12日に開館30周年を迎えるサントリーホール(東京・赤坂)の総支配人、市本徹雄氏のインタビュー。後編は同ホールの創設者で初代館長でもあった佐治敬三サントリー元会長について、秘書を務めていた市本総支配人に開館当時のことなどを中心に振り返っていただきます。(聞き手 宮嶋 極)

 

 東京で初のクラシック音楽のコンサート専用ホールとして1986年10月にオープンしたサントリーホール。開館当日の10月12日、初代館長を務めた佐治敬三・サントリー社長(当時)が、ステージ正面に設置されたパイプオルガンでA(ラ)の音を鳴らして開館を宣言した。ホールの建設に当たっては佐治氏のクラシック音楽へはもちろん、文化振興に対する並々ならぬ熱意があったのだという。

この記事は有料記事です。

残り5434文字(全文5759文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです