メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

著者のことば 熊本マリさん

 ■朝から晩までピアニスト 熊本マリ(くまもと)さん ハンナ・1296円

読者に勇気と幸せを

 「8」がラッキーナンバーで、ガーシュインを聴きながら記したという後書きの日付は「8月8日」だ。ピアニストデビューから今年で30周年。音楽誌の連載などに書き下ろしを加え、音楽や、さまざまな人々との出会い、多くの趣味に彩られた日々をつづった書は「読む人に勇気と幸せを」と願う内容だ。本を読むのも文章を書くのも好きで、ピアノを「心の薬」「心のビタミン」と形容する思いと共通する。

 手が小さいからピアニストに向かない、ピアノは弾けない、という声をよく耳にするという。「でも、そう言…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  3. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  4. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです