メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジークリンデ(左)とジークムント=写真家、林喜代種撮影

 料理と音楽は受け取るときの感覚が似ているとある作曲家から聞いた。確かに、甘い音、やわらかな肌触り、なめらかな味わい等々、体感するときの形容は限りなく近いかもしれない。直感的にその世界へ入ってゆくところも共通している。

 悲しい音楽は多いが、料理に悲しい味はあるだろうか? もしあるとすれば、それは大抵、味にまつわる思い出が残してゆくものだろう。しかし、想像するだに悲しい味もある。

 ワーグナー《ニーベルングの指環(ゆびわ)》第1夜《ワルキューレ》が飯守泰次郎の指揮によって新国立劇…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです