メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジークリンデ(左)とジークムント=写真家、林喜代種撮影

 料理と音楽は受け取るときの感覚が似ているとある作曲家から聞いた。確かに、甘い音、やわらかな肌触り、なめらかな味わい等々、体感するときの形容は限りなく近いかもしれない。直感的にその世界へ入ってゆくところも共通している。

 悲しい音楽は多いが、料理に悲しい味はあるだろうか? もしあるとすれば、それは大抵、味にまつわる思い出が残してゆくものだろう。しかし、想像するだに悲しい味もある。

 ワーグナー《ニーベルングの指環(ゆびわ)》第1夜《ワルキューレ》が飯守泰次郎の指揮によって新国立劇…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです