メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

イタリア音楽で大切なのは“歌う”こと~東京フィル首席指揮者就任インタビュー(下)

インタビューに答えるバッティストーニ(C)Naoko Nagasawa

 今月1日付で東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任したイタリア出身の注目の若手指揮者アンドレア・バッティストーニ。若きマエストロは今後、東京フィルをどのような方向に導いていこうとしているのか。インタビュー後編では、その具体策に迫った。(聞き手 宮嶋 極)

 ――イタリア出身のマエストロはこれまで日本国内においても二期会とのヴェルディ「ナブッコ」上演、そして東京フィルとのプッチーニ「トゥーランドット」演奏会形式上演などで、センセーションを巻き起こすほどの成功を収めてきました。それだけに音楽ファンの間ではオペラに対する期待も大きいと予想されます。これから東京フィルと演奏会形式も含めてオペラに取り組んでいく計画はありますか?

 バッティストーニ(以下、B) 私の興味の中心にオペラがあることは間違いありません。私がイタリア・オ…

この記事は有料記事です。

残り3575文字(全文3943文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. ミシェル・オバマの生き方に共感広がる 回顧録「マイ・ストーリー」が全世界で1000万部突破

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです