メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
被災地に癒やしの調べ

山田和樹とウィーン・フィルのメンバーが被災地の子供たちとサントリーホールで共演

指揮を務めた山田和樹(中央)=写真提供:サントリーホール

 10月16日、山田和樹が指揮を務め、岩手・宮城・福島の子供たちとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団メンバーによる夢の公演が実現した。サントリーホールで行われたこの公演は、2012年、ウィーン・フィルとサントリーホールディングスが設立した「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」によるもの。双方が1億円ずつを出し合ったこの基金により、ウィーン・フィルのメンバーは12年から毎年被災地を訪れ、音楽による復興支援に力を注いできた。

 公演では、宮古高等学校吹奏楽部(岩手)、郡山市内中高生合同オーケストラ&合唱団(福島)、仙台ジュニ…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1359文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東日本大震災 県内の放射線量 /福島

  5. WEB CARTOP 日産は大丈夫なのか? 2019年の第一四半期決算が営業利益約99%減の事情

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです