メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日小学生新聞から

芸術の秋、音楽を感じよう

[PR]

 芸術げいじゅつたのしむあき学校がっこう音楽室おんがくしつして、こころからだ音楽おんがくかんじてみましょう。音楽おんがくたのしみかたおしえてくれるのは、指揮者しきしゃ井上道義いのうえみちよしさんです。「ミチヨシ流音楽講座りゅうおんがくこうざ」のはじまりはじまりー。【ぶん出水奈美でみずなみ

ポイント

<1>なまおとをいいホールで体験たいけんしよう

<2>演奏家えんそうか得意とくいきょく披露ひろうするコンサートをえらぼう

<3>演奏者えんそうしゃ距離きょりちかい、まえせきをチョイス

<4>つまらなければ演奏えんそうわるかったのだ

 <ミチヨシ おすすめの3きょく

 ▽ガーシュウィン「ラプソディー・イン・ブルー」

 これはおもしろいきょくだよ。アメリカのジャズとクラシック音楽おんがくがつながっているんだ。まあ、とにかくいてみて。たのしいよ。

 ▽バッハ「トッカータとフーガ」

 最初さいしょからわりまで、たのしめるきょくだよ。ぼくどものときにこのオルガンのきょくいて、「でかいな」とおもった。おしろのようなおおきなものが音楽おんがくつくられている、そんな抽象的ちゅうしょうてき感触かんしょくがつかめるんだ。こういう音楽おんがくは、クラシック音楽おんがくじゃないとできない。どんなにおおきなおとしても、エレキギターではできないよ。

 ▽ショスタコービチ「交響曲第こうきょうきょくだい10ばんだい楽章がくしょう

 5ふんくらいでみじかくて、テンポもはやきょくだ。にものぐるいで自転車じてんしゃはしっているかんじかな。ただしいことをしているのに、やましいことはないのに、警察けいさつからわれているかんじなんだ。まるで悪夢あくむのような、そんなイメージの音楽おんがく

 <ミチヨシりゅう 音楽鑑賞術おんがくかんしょうじゅつ

 テレビやCDじゃなくて、いいホールでなま演奏えんそういてみよう。オーケストラをくなら、いい指揮者しきしゃでそのひと得意とくいとしているきょくを、ピアノだったらいいピアニストが得意とくいきょくくときをえらんでみよう。おやたのんでごらん。おとうさんもおかあさんもちゃんとかんがえて、れてってくれるはずだよ。

 なまくなら、1〜2時間じかんがまんする時間じかん必要ひつよう。ステージで必死ひっしでパフォーマンスしているところを、じっといてください。せきまえほうすわるのがおすすめ。演奏えんそう途中とちゅうで、楽譜がくふのページをめくるおとこえたり、あせんできそうな位置いちすわってごらん。客席きゃくせき自分じぶんたちのために、ステージのひとたちは一生懸命いっしょうけんめいやっている。「きている」という感覚かんかくつたわってくるとおもう。

 それだけやって、つまらなければ、キミの問題もんだいじゃない。それは、その演奏えんそうわるかったんだ。音楽おんがく自分じぶんこころわないこともあるし、おなかいっぱいでねむくなることだってある。こころうごかなくても、演奏えんそうのせいだとおもってかえればいいよ。


 <公演情報こうえんじょうほう

 「ミューザ ジルベスター コンサート2016」 12がつ31にち)15時開演じかいえん神奈川県川崎市かながわけんかわさきしのミューザ川崎かわさきシンフォニーホール(電話044・520・0200)。出演しゅつえん指揮しき井上道義いのうえみちよしさん、バリトン・司会しかい大山大輔おおやまだいすけさん、オーケストラはMUZAミューザジルベスター管弦楽団かんげんがくだんほか。チケットは7000〜4000えん。ベートーベン「交響曲第こうきょうきょくだいばん だい3・だい楽章がくしょう」、ヨハン・シュトラウス2せい皇帝円舞曲こうていえんぶきょく」ほか。未就学児みしゅうがくじ入場にゅうじょうできません。


 ♪ミニ情報じょうほう

どもが無料むりょうになる公演こうえん

 大阪市中央区おおさかしちゅうおうくのいずみホールは、どもたちにいい音楽おんがくれてもらおうと、小学生以上しょうがくせいいじょう18歳以下さいいかどもを主催公演しゅさいこうえん無料むりょう招待しょうたいする「ユースシート」をもうけています。今月こんげつは22にち)16〜「バッハ・オルガン作品全曲演奏会さくひんぜんきょくえんそうかいvol.9」、27にちもく)19木管もっかんアンサンブル「レ・ヴァン・フランセ」が対象たいしょうわせはいずみホールチケットセンター(電話06・6944・1188)(先着順せんちゃくじゅん限定数げんていすう)。


 ◆井上道義いのうえみちよしさんのプロフィル

 1946年東京生ねんとうきょううまれ。ちいさいころから児童舞踊じどうぶようならって、小学しょうがく年生ねんせいからバレエのレッスンをける。歌劇かげき大好だいすきだった母親ははおや影響えいきょうけて、おどりと音楽おんがく大好だいすき。からだかたいのでバレエを断念だんねんし、指揮者しきしゃになろうとおもつ。桐朋学園大学とうほうがくえんだいがく斎藤秀雄さいとうひでおさんに指揮しきまなぶ。現在げんざいは、オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督かなざわおんがくかんとく、ならびに石川県立音楽堂いしかわけんりつおんがくどうアーティスティック・アドバイザー。大阪おおさかフィルハーモニー交響楽団こうきょうがくだん首席指揮者しゅせきしきしゃ。「指揮しきはとても面白おもしろ仕事しごとですよ」

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです