メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

若手指揮者「三羽ガラス」インタビューでわかる違いすぎる持ち味

ミケーレ・マリオッティ(C)Studio Amati Bacciardi

香原斗志

 近年、オペラの歌い手については、他国の出身者に押され気味のイタリアだが、こと指揮者にかぎっては、うれしいことに逸材を次々と輩出している。なかでもイタリアの若手指揮者「三羽ガラス」と称されるのが次の3人だ。ボローニャ歌劇場の音楽監督を務めるミケーレ・マリオッティ(37)、2014年に東京二期会の「蝶々夫人」を指揮し、今年は東京交響楽団に客演、17年2月には再び二期会で「トスカ」を指揮(同時に東京都交響楽団にも客演)するダニエーレ・ルスティオーニ(33)、そして、この秋に東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任し、先ごろ同楽団でマスカーニ「イリス」を指揮したアンドレア・バッティストーニ(29)である。

 マリオッティは2011年にボローニャ歌劇場の引っ越し公演で、ベッリーニの「清教徒」とビゼーの「カル…

この記事は有料記事です。

残り3629文字(全文3990文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです