メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

ティーレマンはオペラがお好き

シュターツカペレ・ドレスデン(c)Matthias Creutziger

 あれは2012年10月22日の夜のこと。NHK音楽祭にクリスティアン・ティーレマンがシュターツカペレ・ドレスデンを率いて来日し、ブラームスの交響曲を3番、1番の順で披露した。手の内にあるレパートリーとあって聴いていても安心感があったが、正直言うと、あの日のコンサートで最も心奪われたのはアンコールで演奏された「リエンツィ」序曲だった。

 ワーグナーが1840年に作曲し、2年後の42年10月20日にドレスデンのザクセン宮廷歌劇場で初演されたと記録が残る全5幕のオペラ。その序曲を振るティーレマンの楽しそうなことといったらなかったし、そのまま第1幕に突入しそうな勢いを感じた。

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです