メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

在スウェーデン日本人作曲、「オートファジー」神秘の旋律 大隅さんの研究にちなみ 博物館依頼

林小百合さん=ストックホルムで4日、西本勝撮影

 【ストックホルム渡辺諒】大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)の研究で、今年のノーベル医学生理学賞の対象となった「オートファジー(自食作用)」をテーマに、スウェーデン・ストックホルム市在住の音楽家、林小百合さん(28)が同僚と共に曲を作った。生命活動の基本とされる現象を、ピアノの旋律に自然界の音を融合させて神秘的に表現した。授賞式前日の9日、ストックホルムに近いセーデルテリエ市のトムティッツ科学館で披露する。

 林さんは福井県出身。3歳からクラシックピアノを始め、信州大で作曲を専攻した。卒業後の1年半、スウェ…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです