メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

水と油のようなロッシーニとベートーヴェンが影響を受け合っていた?

香原斗志

 ジョアキーノ・ロッシーニ(1792~1868年)がイタリアで書いた最後のオペラであり、オペラ・セリアの最高峰と評されながら、日本では上演機会がほとんどなかった「セミラーミデ」が、神奈川県の藤沢市民オペラの公演として演奏会形式で上演された(2016年10月30日、藤沢市民会館)。ロッシーニ・ルネサンスを先導してきた指揮者で研究者のアルベルト・ゼッダ(1928年~)の薫陶を受けた芸術監督、園田隆一郎(1976年~)の指揮は、この作品の古典的な気品や気高さと、ロッシーニならではの快活なリズム感をうまくバランスさせ、知られざるロッシーニの魅力を聴き手にしっかりと伝えることができていた。

 歌手陣も万全とまでは言えないものの、よく健闘したと言っていいだろう。この作品が日本ばかりか世界でも…

この記事は有料記事です。

残り3118文字(全文3466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです