メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

《ショスタコーヴィチを見舞う死の乙女》=梅津時比古

=Matthias Creutziger撮影

弾かれなかった音への思い

 独裁者、スターリンはかなりのクラシック音楽通であった。よくコンサートのあと楽屋へ寄って、どの音が4分の1低かったなどと指摘していたという。芸術が情操教育に役立つとする素朴な論を覆すに十分な例である。

 作曲家や詩人が体制によって虐殺されたことで、書かれなかった詩、弾かれなかった音は、どれほどあるだろう。それは、生きられなかった生に比べれば、とるに足らないと言えるだろうか。

 女優のイザベル・カラヤンによる一人芝居《ショスタコーヴィチを見舞う死の乙女-不安についてのコラージ…

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1230文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです