メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

スクリャービンの情熱、ラベルの感傷 ピアニスト・武内俊之、古里・北九州で

ピアニストの武内俊之=福岡市中央区で、山下恭二撮影

 <日曜カルチャー>

 北九州市出身のピアニスト、武内俊之が来年1月13日、同市立響ホール(八幡東区平野の国際村交流センター内)でソロリサイタルに臨む。「全国的に見ても例がないほど、音の響きが大変いいホール。古里・北九州での単独公演は初めてなので、とても楽しみにしています」と話す。

 第39回全日本学生音楽コンクール全国大会小学校の部1位。第63回日本音楽コンクール第1位。東京芸大・同大学院をいずれも首席で卒業・修了し、在学中に安宅賞、クロイツァー賞を受けている。ソリストとして、東京交響楽団、日本フィル交響楽団、バレ…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです