メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

文学と音楽の夢の共演 コンサート開催

トークショーで語り合うクラシックギタリストの福田進一さん(左)、小説家の平野啓一郎さん(中央)、作曲家の林そよかさん=東京都渋谷区の白寿ホールで2017年1月7日、(C)東昭年

 平野啓一郎さんの小説「マチネの終わりに」にちなんだコンサートが7日、東京都渋谷区の白寿ホールで行われ、約300人の観客が小説の文学と音楽の“夢の共演”に聴き入った。

 「マチネの終わりに」は、主人公の天才クラシックギタリスト・蒔野と国際ジャーナリスト・洋子が、やむなく関係を断たれながら互いを思い続ける様が数々の名曲とともに描かれる。毎日新聞連載中から40代の恋が切ないと話題になり、2016年4月に毎日新聞出版から出版された単行本は13万部超を発行するベストセラーに。タイアップCD「マチネの終わりに」(日本コロムビア)もリリースされるなど、ジャンルを超えた広がりを…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです