メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

文学と音楽の夢の共演 コンサート開催

トークショーで語り合うクラシックギタリストの福田進一さん(左)、小説家の平野啓一郎さん(中央)、作曲家の林そよかさん=東京都渋谷区の白寿ホールで2017年1月7日、(C)東昭年

 平野啓一郎さんの小説「マチネの終わりに」にちなんだコンサートが7日、東京都渋谷区の白寿ホールで行われ、約300人の観客が小説の文学と音楽の“夢の共演”に聴き入った。

 「マチネの終わりに」は、主人公の天才クラシックギタリスト・蒔野と国際ジャーナリスト・洋子が、やむなく関係を断たれながら互いを思い続ける様が数々の名曲とともに描かれる。毎日新聞連載中から40代の恋が切ないと話題になり、2016年4月に毎日新聞出版から出版された単行本は13万部超を発行するベストセラーに。タイアップCD「マチネの終わりに」(日本コロムビア)もリリースされるなど、ジャンルを超えた広がりを…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです