メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

ドイツ最美の壮麗にして歴史ある歌劇場~ザクセン州立歌劇場

ザクセン州立歌劇場正面

 世界でオペラが一番盛んな国は、ドイツである。

 そう言ったら、意外に思われる方もあるだろうか。

 世界のオペラ公演を網羅するサイトoperabaseの統計によると、2015~16シーズンのオペラ公演数がダントツで多い国はドイツなのだ。合計で6795回。ちなみに2位はアメリカ合衆国で1657回である(これも意外に感じられるかもしれないが、アメリカは人口が多い、というのも一因のようだ。人口あたりのオペラ上演回数ということになると、音楽の都ウィーンを擁するオーストリアが一番多くなる)。

 たしかにドイツに行くと、百万都市には必ず、そして数十万規模の都市の一部にもオペラとバレエ専門の「歌…

この記事は有料記事です。

残り6627文字(全文6919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです