メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

東京・春・音楽祭実行委員長 鈴木幸一さん 上野から「村祭り音楽祭」

鈴木幸一さん=東京都千代田区で2017年2月17日、中村藍撮影

 クラシック音楽好きが高じて2005年、東京・上野で「東京のオペラの森」という音楽祭を始めました。その後、「東京・春・音楽祭」と名前を変え、今年で13回目。今回も16日から1カ月間、東京文化会館でワーグナーのオペラやシューベルトのミサ曲、さらに、上野の博物館や美術館で展示テーマに合わせたコンサートなど、約150の演目をそろえています。

 私財を投じた音楽祭は世界的にも珍しいって? ええ、確かに最初はビルが建つくらいのポケットマネーを使…

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1812文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです