メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

宗次ホール総括支配人・野間晴久さん /愛知

野間晴久さん

 名古屋市中区栄の繁華街に立地するクラシック音楽専用の「宗次(むねつぐ)ホール」が、29日に開館10周年を迎える。多彩な企画を打ち出し、年400回の公演を実現する。現場を預かる野間晴久さん(63)は開館1年後に就任した4代目の総括支配人だ。

 ホールは「カレーハウスCoCo壱番屋」を創業した宗次徳二さんが、演奏家たちに活躍の場を提供したいと私財を投じて建設し、2007年3月に開館した。野間さんは壱番屋と取引があった信用金庫からの出向で、就任前には「支配人といっても、経理を任されるのだろう」と気楽に構えていたが、短期間に3人の支配人が次々に辞めた事実を知る。悪い予感の通り、ホール運営は赤字で、何よりも入場者の少なさにショックを受けた。

 年400~500回の自主公演とクラシック音楽があふれる優しい街づくりを掲げていたが、08年春の就任当時、310席のホールに100人入れば上出来で、わずか26人の公演もあった。空席に響く音色に胸が痛んだ。「このままでは、誰の思いも報われない」。改革を決意し、自ら集客の戦略を練り始めた。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです