メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バッハのオリジナル楽譜「結婚カンタータBWV216」。ドイツ語の歌詞も記されている=東京都立川市の国立音大で2004年4月、長谷川直亮撮影

遠藤靖典

 先日、東京大学の研究グループが、合奏のテンポが速くなるメカニズムについて一定の知見を得たと発表した。それによると、人はアンサンブルをする時、他のメンバーとの同期を維持するため、早く音を出す方に対して優先的に修正する、という行為をとっているらしい。簡単に言うと、先に出たと思われるリズムに合わせる、ということだろう。これまでは、テンポが速くなりがちな人のリードによってテンポが上がると考えられていたが、実は誰がリードしているわけでもなく、アンサンブルを維持しようとした結果としてテンポが上がる、ということらしい。

 このテンポが速くなる現象は、演奏家の間では「走る」と呼ばれている。特にアマチュアの場合、この「走る…

この記事は有料記事です。

残り1585文字(全文1896文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  4. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです