メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本屋大賞

権威化? 恩田陸さん「蜜蜂と遠雷」受賞 直木賞と同作品、薄まる独自色

本屋大賞に選ばれ、笑顔の恩田陸さん=東京都港区で2017年4月11日午後7時32分、佐々木順一撮影

 2017年本屋大賞(同賞実行委員会主催)に恩田陸さんの長編小説「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)が決まったと11日、発表された。すでに恩田さんは同作で、今年1月に発表された直木賞を受賞。さらに本屋大賞は第2回、05年の「夜のピクニック」に次ぐ2度目となり、二重のダブル受賞というかつてない結果となった。同賞は04年、直木賞に対するアンチテーゼとしてスタートしただけに、エポックメーキングな受賞といえる。【内藤麻里子】

 第6回翻訳小説部門1位にはトーン・テレヘンさん著、長山さきさん訳「ハリネズミの願い」(新潮社)が選…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文986文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  2. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  4. AV問題 男優が毎月お茶会で語る「業界のありのまま」
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです