メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

オペラ歌手 ニコライ・ゲッダさん=1月8日死去・91歳

ニコライ・ゲッダさん

天国から降る歌声 ニコライ・ゲッダさん=心臓発作のため、1月8日死去・91歳

 振り返れば、あれからもう20年もたってしまった。留学先のベルリンの地下鉄駅、その壁に張られていたオペラ座の公演カレンダーに、一人の懐かしいテノール歌手の名を見つけて驚いた。

 ニコライ・ゲッダ。1950年代初頭にさっそうとオペラ界に登場、「魔笛」のタミーノなどモーツァルトのリリカルな役を得意としながら、「カルメン」(ビゼー)のドン・ホセといったドラマチックな役も歌う。なによりも、明るい気品があり、高音を軽々と出すしなやかな声が魅力だった。私は高校時代、「カプリッチョ」(R・シュトラウス)の…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  5. 社説 「桜を見る会」首相答弁 予算委での説明が不可欠

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです