メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=東京都杉並区で、山下浩一撮影

 私の1時間は、ほかの誰のものでもない、私の1時間である。

 「僕は二十歳だった。それがひとの一生でいちばん美しい年齢だなどとは誰にも言わせまい」

 ポール・ニザンのこの言葉が、胸の底をかすかに波だたせるのは、それがどこかで、私の時間についての思いを呼び起こすからであろう。社会や大きな組織に組み込まれ、生活が経済に支配されるほどに、私の1時間は失われてゆく。失われたものを人は美しいと思うのだろう。

 隠れた巨匠という言葉がふさわしいフランスのピアニスト、ジャン・クロード・ぺヌティエが、フォーレの前…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1100文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです