メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
from OTTAVA

ロックな津軽三味線 観客を魅了

ロックな津軽三味線を熱演する「三津巴」=アーク紀尾井町サロンホールで2017年5月18日、福田光朝撮影

未来のプロ音楽家応援企画第2弾

 次代を担う学生演奏家を応援する「アーク紀尾井町サロンホール」(東京都千代田区)の第2回「OTTAVA Verde(オッターヴァ・ヴェルデ)」(アーク証券主催)が18日、同ホールであり、早稲田大学の津軽三味線サークル「三津巴(みつどもえ)」の4人が“ロックな津軽三味線”を熱演した。「三津巴」は今月3日、青森県弘前市で開かれた津軽三味線世界大会団体A部門(10人以上)で2連覇を果たしたばかり。演奏を終え、幹事長の盛田薫さん(20)=先進理工学部3年=は「民謡もロックな曲も、どちらも三味線の魅力。多くの層の方々にどちらも伝えていけるサークルとして成長したい」と将来を見据えた。

 「OTTAVA Verde」は、設計段階から同ホールに携わっている音楽プロデューサー、かの香織さん…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1471文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  4. 「年越しそば、おいしそうに食べろ」 壮絶な虐待の詳細明らかに 野田・女児虐待死

  5. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです